• HOME
  • >
  • 示談か裁判かの選択

示談か裁判かの選択

示談か裁判かの選択

交通事故示談の判断材料

交通事故の示談交渉において、保険会社が回答してきた賠償額で示談するかどうかの主な判断材料として、まずは当サイトでご説明している示談金チェックがあります。それとともに、裁判(訴訟)にした場合の賠償金の増額予想や、費用・時間・労力といった負担の予想なども判断材料として考えられます。
そして、これらを総合的に考えて、納得できるのは示談なのか裁判なのかを検討します。 



裁判による賠償金の増額

裁判にした場合の賠償金の増額を検討する要素としては、損害元金の増額と、これに付加される弁護士費用・遅延損害金の賠償があります。

損害元金の増額について

示談交渉において加害者側が上限とする賠償金額が、交通事故賠償の弁護士基準(裁判基準)に見合った金額でない場合、裁判にした場合に認められる事実関係が同じであれば、損害元金の増額が予想されます。
この点については、損害項目ごとの金額や過失割合・過失相殺などが問題となります。

弁護士費用・遅延損害金の賠償について

裁判では、判決において、弁護士費用と遅延損害金の賠償が認められています。これらは、示談で終えれば通常は含まれないものです。

弁護士費用の賠償

交通事故訴訟の判決では、被害者側の弁護士費用相当額について賠償が認められています。
その金額は、実際に要した弁護士費用ではなく、判決で認定された損害元金の10%程度が一般です。

遅延損害金の賠償

交通事故訴訟の判決では、損害元金に対する事故日から支払済みまでの遅延損害金の賠償が認められています。
事故発生から経過した時間をお金に換算するのが遅延損害金の賠償ということになります。



裁判による費用・時間・労力の負担

交通事故の損害賠償請求に関し、多くの方は、裁判にした場合に追加される時間、費用、労力の負担をご心配なさります。賠償金の増額よりも出費の方が多くなるのではないか、これ以上の時間をかけるメリットはあるのか、日々の生活や仕事のことを考えると裁判はやっていられないのではないかなど、気になるところだと思います。

裁判で延びる解決までの時間

解決までの時間は、裁判にしたほうが、当然、示談で終えるより長くなります。

裁判で追加される費用

実費を含め弁護士費用等を考慮することとなり、この点については、ご相談の際にお話ししております。

裁判でのご自身の労力負担

弁護士に依頼して裁判にすれば、弁護士が依頼者の方の代理人として裁判所に出頭し、手続を進めます。しかし、ご依頼者の方も、打合せや書類確認などの作業はあります。
また、和解協議が調わない場合、ご依頼者の方が裁判所で尋問を受けることがあり、尋問のための打合せも生じます。