後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

後遺障害慰謝料の
自賠責基準と
弁護士基準

自賠責は最低限の保障

自賠責保険は、自動車やバイクによる人身交通事故の被害者に最低限の損害賠償を保障する制度です。最低限の保障ですから、交通事故で怪我をした場合の損害賠償額は、多くの場合、自賠責基準では弁護士基準より低額になります(これとは形式的な計算上で異なる場合について過失割合のページで触れます)。
そして、後遺障害慰謝料についても、自賠責基準は弁護士基準より低額になっています。


各基準による後遺障害慰謝料

自賠責基準による後遺障害慰謝料と、弁護士基準による後遺障害慰謝料について、それぞれの金額の目安は以下のとおりです(自賠責基準は、13級と14級のほかは、いずれも、令和2年3月31日以前に発生した事故については、やや低い金額になります)。 

 

後遺障害の等級 自賠責基準
(施行令別表第2の場合) 
弁護士基準
(裁判基準) 
1級 1,150万円 2,800万円
2級 998万円 2,370万円
3級 861万円 1,990万円
4級 737万円 1,670万円
5級 618万円 1,400万円
6級 512万円 1,180万円
7級 419万円 1,000万円
8級 331万円 830万円
9級 249万円 690万円
10級 190万円 550万円
11級 136万円 420万円
12級 94万円 290万円
13級 57万円 180万円
14級 32万円 110万円

後遺障害等級 自賠責基準 弁護士基準
(裁判基準) 
1級 1,150万円 2,800万円
2級 998万円 2,370万円
3級 861万円 1,990万円
4級 737万円 1,670万円
5級 618万円 1,400万円
6級 512万円 1,180万円
7級 419万円 1,000万円
8級 331万円 830万円
9級 249万円 690万円
10級 190万円 550万円
11級 136万円 420万円
12級 94万円 290万円
13級 57万円 180万円
14級 32万円 110万円

※自賠責基準は、介護を要する後遺障害(施行令別表第1)については
 1級が1,650万円、2級が1,203万円となります。

※自賠責基準は、介護を要する後遺障害については1級が1,650万円、2級が1,203万円となります。


示談交渉は弁護士基準で 

後遺障害慰謝料について、任意保険基準は、通常、自賠責基準の額か、自賠責基準と弁護士基準の間の額になっていて、被害者から見ると納得しがたいことが多いといえます。
示談交渉は弁護士基準ですべきであり、そのためには弁護士にご依頼いただく必要があります。