• HOME
  • >
  • 交通事故示談チェック2 後遺障害逸失利益

交通事故示談チェック2 後遺障害逸失利益

交通事故示談チェック2
後遺障害逸失利益

交通事故による逸失収入を賠償

後遺障害逸失利益(後遺症逸失利益)とは、交通事故による怪我が後遺障害に該当すると認定された場合に、それにより労働に支障が生じたものとして認められる、症状固定後の将来にわたる収入の逸失(減収)です。その収入の逸失分(減収分)を損害として賠償するのが、後遺障害逸失利益の賠償ということになります。
保険会社の示談金提示では、後遺障害による損害の中の一つ目に記載されるのが通常です。
なお、症状固定前の減収は、休業損害の問題になります。 



後遺障害逸失利益の計算式

交通事故の後遺障害逸失利益を算定する一般的な計算式は次の通りです。
  〔後遺障害逸失利益の一般的な計算式〕
     基礎収入 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間の中間利息控除係数

後遺障害逸失利益の計算式

交通事故の後遺障害逸失利益を算定する一般的な計算式は次の通りです。
  基礎収入
× 労働能力喪失率
× 労働能力喪失期間の中間利息控除係数



後遺障害逸失利益の計算要素

後遺障害逸失利益の計算は、上記の計算式のとおり、基礎収入、労働能力喪失率、労働能力喪失期間およびその期間の中間利息控除係数を要素としており、それぞれどう評価するかによって金額は変わってきます。それぞれのご説明ページへは、メニューボタンのほか、以下をクリックすると移動できます。

基礎収入

原則として事故前の現実の収入額とします。

労働能力喪失率

後遺障害による労働への支障の割合です。

労働能力喪失期間

後遺障害による労働への支障が継続する期間です。

中間利息控除

将来の利息分を差し引いて賠償額を計算します。