• HOME
  • >
  • 示談チェック3 傷害慰謝料

示談チェック3 傷害慰謝料

示談チェック3
傷害慰謝料

交通事故における傷害慰謝料の位置づけ

慰謝料は、交通事故で怪我をして、症状固定になる前と後とで次の種類があります。
症状固定の前・・・傷害慰謝料(入通院慰謝料)
症状固定の後・・・後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料) 
傷害慰謝料は、症状固定前の損害であり、保険会社の示談金提示では、後遺障害による損害より上にある、傷害による損害の中の最も下に記載されるのが通常です。

傷害慰謝料の位置づけ

慰謝料は、交通事故で怪我をして、症状固定になる前と後とで次の種類があります。
症状固定の前・・・傷害慰謝料
症状固定の後・・・後遺障害慰謝料 
傷害慰謝料は、症状固定前の損害であり、保険会社の示談金提示では、後遺障害による損害より上にある、傷害による損害の中の最も下に記載されるのが通常です。

傷害慰謝料(入通院謝料)の問題点

交通事故の慰謝料とは、交通事故による精神的苦痛に対する賠償です。精神的苦痛は本来は目に見えないものですが、お金にするといくらで慰謝されるかの評価をすることになります。
実際の交通事故被害について、傷害(入通院)の精神的苦痛がお金にするといくらで慰謝されるかは、通常、見る人によってまちまちです。
一般に、保険会社からの賠償提示は弁護士基準より低額になっています。

傷害慰謝料の問題点

交通事故の慰謝料とは、交通事故による精神的苦痛に対する賠償です。精神的苦痛は本来は目に見えないものですが、お金にするといくらで慰謝されるかの評価をすることになります。
実際の交通事故被害について、傷害の精神的苦痛がお金にするといくらで慰謝されるかは、通常、見る人によってまちまちです。
一般に、保険会社からの賠償提示は弁護士基準より低額になっています。

傷害慰謝料(入通院慰謝料)チェック

傷害慰謝料(入通院慰謝料)の算定は、傷害の部位・程度、入院期間、通院の期間・日数・頻度その他一切の事情が考慮されますが、一般的な指標は、症状固定日までの入院期間、通院の期間・日数・頻度とされています(入通院慰謝料とも呼ばれるのはこのためです)。
傷害慰謝料(入通院慰謝料)の目安として、弁護士や裁判所がよく使う基準が存在します。
例えば、入院1か月なら慰謝料53万円、通院1か月なら慰謝料28万円などといった具合なのですが、ただし、むち打ち症で他覚症状がない場合は、慰謝料を下げる基準になっています。このため、むち打ち症にとどまらず、他覚症状のある外傷があるのかどうかが慰謝料の算定で重要になってきます。

傷害慰謝料チェック

傷害慰謝料の算定は、傷害の部位・程度、入院期間、通院の期間・日数・頻度その他一切の事情が考慮されますが、一般的な指標は、症状固定日までの入院期間、通院の期間・日数・頻度とされています(このため入通院慰謝料とも呼ばれます)。
傷害慰謝料の目安として、弁護士や裁判所がよく使う基準があります。例えば、入院1か月なら53万円、通院1か月なら28万円などですが、ただし、むち打ち症で他覚症状がない場合は、慰謝料を下げる基準になっています。


弁護士にご相談を

示談提示された傷害慰謝料(入通院慰謝料)の金額が妥当かどうかは、弁護士にご相談なさることをおすすめします。

交通事故示談金についてMENU
交通事故示談の弁護士相談交通事故示談の弁護士相談

示談の時期・方法示談の時期・方法

交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用

よくある質問よくある質問

お問い合わせお問い合わせ

後遺障害慰謝料後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

後遺障害逸失利益後遺障害逸失利益

後遺障害逸失利益の基礎収入後遺障害逸失利益の基礎収入

後遺障害逸失利益の労働能力喪失率後遺障害逸失利益の労働能力喪失率

後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間

減収の有無と後遺障害逸失利益の関係減収の有無と後遺障害逸失利益の関係

傷害慰謝料

傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

休業補償(休業損害)休業補償(休業損害)

休業補償(休業損害)の基礎収入休業補償(休業損害)の基礎収入

休業補償(休業損害)の休業日数休業補償(休業損害)の休業日数

減収の有無と休業補償の関係減収の有無と休業補償の関係

治療関係費治療関係費

過失割合・過失相殺過失割合・過失相殺

交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

サイトマップサイトマップ