後遺障害逸失利益の基礎収入

後遺障害逸失利益の
基礎収入

後遺障害逸失利益における基礎収入の視点

後遺障害逸失利益の計算では、交通事故の後遺障害による将来にわたる収入の喪失額を算出します。そのためには、事故がなかったらいくらの収入があったはずかが計算要素となり、それが基礎収入です。

基礎収入の視点

後遺障害逸失利益の計算では、交通事故の後遺障害による将来にわたる収入の喪失額を算出します。そのためには、事故がなかったらいくらの収入があったはずかが計算要素となり、それが基礎収入です。



後遺障害逸失利益の基礎収入とは

原則として事故前の現実の収入額を基礎とします。
ただし、逸失利益の賠償は将来の収入の減少を問題とし、事故がなかった場合に事故前よりも多くの収入を得られるはずだという立証があれば、その金額が基礎収入となります。現実の収入額が賃金統計(賃金センサス)の平均賃金を下回っていても、将来、平均賃金程度の収入を得られる蓋然性があれば、平均賃金を基礎収入とします。
労働形態ごとの基礎収入については、以下の通りです。

逸失利益の基礎収入とは

原則として事故前の現実の収入額を基礎とします。
ただし、逸失利益の賠償は将来の収入の減少を問題とし、事故がなかった場合に事故前よりも多くの収入を得られるはずだという立証があれば、その金額が基礎収入となります。
労働形態ごとの基礎収入については、以下の通りです。

労働形態ごとの基礎収入

(1) 給与所得者の場合

主に会社員や公務員の場合です。
基礎収入の資料としては、源泉徴収票を利用するのが一般的です。ただし、比較的若い場合(おおむね30歳未満)、賃金統計(賃金センサス)の全年齢平均賃金を用いるのが原則とされてます。
 

(2) 事業所得者の場合

商工業者、農林水産業者、自営業者、自由業者などの事業所得者の場合です。
事故前の申告所得額を参考にしますが、その申告額と実収入額が異なるという立証があれば、実収入額を基礎とします。
 

(3) 会社役員の場合

会社役員の報酬については、労務提供の対価部分は逸失利益の基礎収入となりますが、実質的に利益配当である部分は除外されます。
役員報酬のうち、どれぐらいの割合が労務提供の対価部分であるかについては、会社の規模、利益状況、同族会社か否か、その役員の地位・職務内容・報酬額など、諸般の事情を考慮して判断されます。
当法律事務所が担当してきた交通事故案件で、逸失利益の基礎収入が大きな争点となる場合、被害者の方が会社役員であり、特に同族会社の役員であるケースが多くあります。役員報酬のうち、実質的な利益配当部分を除いた、労務提供の対価部分は何割かが争点です。事案によって、事故前に実際にどれだけの労働をしていたのか等が問題となります。
 

(4) 家事従事者の場合

家事労働は、現実に収入を得るものではありません。しかし、最高裁は、家事労働も財産上の利益を生ずるものであり、これを金銭的に評価することが不可能といえないとして、事故による負傷のため家事労働に従事することができなかった期間について財産上の損害を認めています(最高裁昭和49年7月19日判決、最高裁昭和50年7月8日判決)。
専業で家事に従事している方の場合、原則として、賃金統計(賃金センサス)を基礎収入とします。他の仕事と兼業で家事に従事している方の場合は、現実収入の金額と賃金統計(賃金センサス)を比較して、高い方を基礎収入とします。現実収入と家事労働分の合算は認めないのが一般的です。
 

(5) 無職の方の場合

失業者の場合、労働能力と労働意欲があり、再就職の蓋然性があれば、再就職によって得られるであろう収入を基礎収入として逸失利益の賠償が認められやすくなります。
学生・生徒等の場合、休業損害が原則として認められないのに対し、逸失利益は、賃金統計(賃金センサス)の平均賃金を基礎収入として認められるのが通常です。
 

(6) 高齢者

高齢者の場合、就労の蓋然性がある場合に、賃金統計(賃金センサス)の平均賃金を基礎収入として逸失利益の賠償が認められるとされています。

労働形態ごとの基礎収入

(1) 給与所得者の場合

主に会社員や公務員の場合です。資料として源泉徴収票を利用するのが一般的です。ただし、比較的若い場合(おおむね30歳未満)、賃金統計(賃金センサス)の全年齢平均賃金を用いるのが原則とされてます。 

(2) 事業所得者の場合

商工業者、農林水産業者、自営業者、自由業者などの事業所得者の場合、事故前の申告所得額を参考にしますが、その申告額と実収入額が異なるという立証があれば、実収入額を基礎とします。 

(3) 会社役員の場合

会社役員の報酬については、労務提供の対価部分は逸失利益の基礎収入となりますが、実質的に利益配当である部分は除外されます。労務提供の対価部分の割合は、会社の規模、利益状況、同族会社か否か、その役員の地位・職務内容・報酬額など、諸般の事情を考慮して判断されます。

(4) 家事従事者の場合

家事労働について、判例は、事故による負傷のため家事労働に従事することができなかった期間について金銭評価し損害を認めています。専業で家事に従事している場合、原則として賃金統計(賃金センサス)を基礎収入とします。他の仕事と兼業の場合は、現実収入の金額と賃金統計を比較して高い方を基礎収入とします。

(5) 無職の方の場合

失業者の場合、労働能力と労働意欲があり、再就職の蓋然性があれば、再就職によって得られるであろう収入を基礎収入として逸失利益の賠償が認められやすくなります。
学生・生徒等の場合、休業損害が原則として認められないのに対し、逸失利益は、賃金統計(賃金センサス)の平均賃金を基礎収入として認められるのが通常です。 

(6) 高齢者

就労の蓋然性がある場合に、賃金統計(賃金センサス)の平均賃金を基礎収入として逸失利益の賠償が認められるとされています。

交通事故示談金についてMENU
交通事故示談の弁護士相談交通事故示談の弁護士相談

示談の時期・方法示談の時期・方法

交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用

よくある質問よくある質問

お問い合わせお問い合わせ

後遺障害慰謝料後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

後遺障害逸失利益後遺障害逸失利益

後遺障害逸失利益の基礎収入

後遺障害逸失利益の労働能力喪失率後遺障害逸失利益の労働能力喪失率

後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間

減収の有無と後遺障害逸失利益の関係減収の有無と後遺障害逸失利益の関係

傷害慰謝料傷害慰謝料

傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

休業補償(休業損害)休業補償(休業損害)

休業補償(休業損害)の基礎収入休業補償(休業損害)の基礎収入

休業補償(休業損害)の休業日数休業補償(休業損害)の休業日数

減収の有無と休業補償の関係減収の有無と休業補償の関係

治療関係費治療関係費

過失割合・過失相殺過失割合・過失相殺

交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

サイトマップサイトマップ